横浜市 借金返済 法律事務所

横浜市に住んでいる方が借金返済について相談するならこちら!

債務整理の問題

借金が多くなりすぎて返済が厳しい…。
借金を複数抱えているから、債務整理したい…。
もしそう思うなら、できる限り早く弁護士や司法書士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、督促がストップしたり、毎月の返済額が減ったり、などというさまざまなメリットを受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所や法律事務所もたくさんあります。
ここではそれらの中で、横浜市に対応している、おすすめの所を厳選して紹介しています。
また、横浜市の地元の法務事務所や法律事務所もいくつか載せているので、そちらも参考にしてみてください。
借金問題は、一人ではなかなか解決できません。
弁護士・司法書士の知恵・知識を借り、解決策を見つけましょう!

借金・債務整理の相談を横浜市在住の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の債務・借金返済の悩み相談なら、コチラがおすすめです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いも可能です。
相談料金はもちろん無料!
借金取り立てのストップも可能です。
自己破産、任意整理、過払い金、個人再生、など、借金・債務について相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付できるので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、過払いや借金の悩みを相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分に適したやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などを一切支払わなくてよいため、お得に解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口もあるので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので横浜市にお住まいの人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の横浜市周辺にある法務事務所・法律事務所の紹介

他にも横浜市にはいくつかの司法書士や弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

横浜市にある地元の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、手軽に気軽に相談できるのではないでしょうか。

横浜市に住んでいて多重債務、困ったことになったのはなぜ

お金を借りすぎて返済するのができない、こんな状況だと不安で仕方がないでしょう。
多数のクレジットカード会社やキャッシング会社から借りて多重債務の状況。
月々の返済だと、金利を支払うだけで精一杯。
これでは借金を返済するのは困難でしょう。
自分一人だけでは返済しようがないほどの借金を抱えてしまったのならば、まず法務事務所や法律事務所の門を叩いてみましょう。
司法書士・弁護士に、現在の状況を説明して、解決案を授けてもらいましょう。
近頃では、相談無料の法律事務所や法務事務所も増えてきましたので、一歩を踏み出して門を叩いてみるのはいかがでしょう?

横浜市/借金の減額請求って?|借金返済

多重債務などで、借入の支払いが苦しい実情に陥ったときに効果があるやり方の1つが、任意整理です。
今の借金の状況を再度チェックして、過去に利息の支払過ぎ等がある場合、それらを請求する、又は現状の借入れとプラマイゼロにし、なおかつ現在の借入れにつきましてこれからの利息を減額していただけるようにお願いしていくという手段です。
只、借入れしていた元金に関しては、きっちり支払いをすることが条件になって、利子が減った分、過去よりももっと短期での返済が基礎となってきます。
ただ、金利を支払わなくていい代わり、毎月の払い戻し額は減額されるので、負担が軽くなると言うのが一般的です。
只、借り入れをしているクレジット会社などの金融業者がこの今後の利息に関する減額請求に応じてくれない場合、任意整理は不可能です。
弁護士の先生に相談したら、必ず減額請求が出来るだろうと思う人も大勢いるかもわからないが、対応は業者によりさまざまであり、対応してくれない業者というのも有ります。
只、減額請求に応じない業者はすごく少数なのです。
だから、実際に任意整理を実施して、信販会社などの金融業者に減額請求をすると言うことで、借金の心配事がずいぶん減少するという方は少なくないでしょう。
実際に任意整理ができるかどうか、どれ程、借入れの支払いが縮減するかなどは、先ず弁護士などその分野に詳しい人に頼んでみるということがお勧めなのです。

横浜市|自己破産に潜むリスクとは?/借金返済

はっきし言えば世間で言われる程自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車・土地・マイホームなど高価格な物は処分されるが、生きていくうえで必ず要るものは処分されないです。
また二〇万円以下の預貯金も持っていていいのです。それと当面の数ケ月分の生活するうえで必要な費用100万円未満なら持っていかれることはないのです。
官報に破産者の名簿として記載されるがこれも極わずかな方しか目にしません。
また俗にいうブラックリストに記載されてしまい七年間ぐらいの間はキャッシング若しくはローンが使用キャッシングやローンが使用出来ない状況となるが、これはしようがない事なのです。
あと一定の職に就けないという事もあるでしょう。しかしながらこれもわずかな限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返金する事が出来ない借金を抱え込んでいるならば自己破産を実施すると言うのも1つの進め方でしょう。自己破産を行ったら今日までの借金が全部無くなり、新規に人生を始めると言うことで利点の方がより多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として弁護士、公認会計士、司法書士、税理士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者や後見人や保証人にもなれません。又会社の取締役等にもなれないです。だけれどもこれらのリスクはおおよそ関係ない場合が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃない筈です。

関連ページの紹介です